top of page
検索

【2024年最新】産業用太陽光発電のメンテナンス義務化とは?その内容を徹底解説!



「メンテしなくてもいいからラク」「投資利回りを圧迫するコストはかけなくていい」――。太陽光発電を検討される投資家様には、こうお思いの方もいらっしゃるかもしれません。


ですが、太陽発電を安全かつ長期にわたり維持するために、日頃のメンテナンスは必須です。

この点すでに法制化されており、ほぼすべての太陽光発電所でメンテナンスが義務づけられています。


では、どのようなメンテナンスが必要なのか。

新築・リフォーム・太陽光発電設備11,000件以上の施工実績と独自のメンテナンスメニューで好評をいただいている、株式会社シェルタージャパンが解説します。



【目次】







太陽光発電メンテナンスの必要性

風力や水力などの再生可能エネルギーと比べ、太陽光発電は導入やメンテナンスにかける費用が小さく済む印象があるかもしれません。産業用・住宅用ともに普及が進み、身近になった太陽光発電ですが、その陰でさまざまなトラブルがあることも確かです。

ここではメンテナンスが義務化された背景を簡潔に説明します。


なぜメンテナンスが義務化されたのか

2012年7月の固定価格買取制度(FIT法)施行により、再エネの導入量はおおよそ2.5倍に跳ね上がり、再エネ普及の起爆剤となりました。その一方で、太陽光発電にまつわるトラブルも急増。保守点検や管理を怠る施工業者が横行し、異常に気付くのが遅れたり、当初シミュレーションを大きく下回る不適合が発生したりするなどの問題が顕在化しました。


このため経済産業省は2017年4月の改正FIT法や電気事業法では規制を強化。発電事業者に対し、FIT法の対象となる太陽光発電設備、電気事業法の定める50kW以上の太陽光発電設備にメンテナンスを義務化しました。この施策により2019年以降、国民生活センターへの相談件数は減少に転じたものの、2022年度には再び2,000件を上回っています。

仮に法令違反が発覚すると、改善命令や認定取り消しといった制裁を受ける場合があります。


実際に起きたトラブル事例

自然の下でパネルを設置するゆえ、いつ、どのようなトラブルに見舞われるかわかりません。

一例を挙げますと……。


  • 発電量不足で、実際の収入が想定利回りを大幅に下回っている

  • 太陽光パネルのひび割れ、劣化、鳥の糞害などによる発電量低下

  • 台風や大雨、河川の氾濫などで発電設備が浸水


このようなことのないよう、豊富な知見を持つ施工業者に依頼するのがポイント。また自然災害に由来するトラブルにも迅速な駆けつけ対応で被害を最小限に食い止める業者を見極める必要があります。




太陽光発電設備を放っておくとどうなる?

黎明期には「メンテナンスフリー」といわれた太陽光発電ですが、改正FIT法により所有される場合はメンテナンスが必要となります。

当社の場合、メンテナンスメニューの選択はオプションですが、ほとんどのお客様が導入されています。メンテナンスのメリット・デメリットを紹介する前に、メンテナンスせずに放置した場合のリスクについて紹介します。


発電量の低下

  • パネルの経年劣化や表面の汚れ

  • ガラスの損傷や機器内部の不具合・損傷

  • 電力会社との連系による電圧制限

  • 銅線ケーブル盗難


これらによって発電効率が低下したままでは、たとえ稼働できていても、売電収入や自家消費に直撃します。万一事故が発生したとしても被害を最小限に食い止めることができるのです。

また、メンテナンスは「転ばぬ先の杖」でもあります。メンテナンス導入によって異常をいち早く検知し、太陽光発電を順調に稼働させられます。


事故の要因

太陽光設備の事故、機器や配線損傷によって次のリスクが発生します。

  • 台風等によるパネルの倒壊・飛散、架台故障


当社の施工は万全ですが、なかには不可抗力の事象もあります。たとえば、経年劣化によるビスの腐食やゆるみ等は定期的な点検を経て発見できるものです。また、台風や大雨などの風水害によるパネル倒壊や飛散は、ご自身の設備内だけでなく周辺環境にも影響を及ぼす恐れがあります。

事故を未然に防ぐためにも、信頼できる施工業者を選んで定期的なメンテナンスを行いましょう。



シェルタージャパンの太陽光発電メンテナンス

 当社シェルタージャパンのO&M(運用&保守)オプションサービスは、お客様に代わって、お客様所有の発電所に起こりうるトラブルの数々から守り、解決するメンテナンスサポートシステムです。見守り監視、駆けつけ、定期点検など、企業様や投資家様の「かゆいところに手が届く」充実の内容で、不具合の早期発見・早期解決・未然防止を可能にしています。

見守り監視

 お客様の発電所に不具合がないか、適切に発電しているかを「監視装置」を用いてしっかり監視。発電量の数値をチェックし、発電不良などの異常を検知した場合、速やかに原因を特定し、現場対応します。


駆けつけ

太陽光発電は万一の際でも、発電がストップしている時間を最小限に食い止めることが大事です。当社はお客様の発電所付近にサポートスタッフが常駐。監視によって不具合が発見されたとき、もしくは何らかの異常が発生した場合には、現場担当者が即座に駆けつけ、早期に問題を解決します。


定期巡回点検

熟練のスタッフが発電所の目視点検を行い、設備に異変がないか入念に調べます。チェック項目は次の通りです。

  • 太陽光パネル:破損や汚損がないか

  • 架台:固定維持されているか、歪みがないか

  • パワーコンディショナ:正常に稼働しているか

  • 電気点検:パネル出力低下などの故障を発見する検査器「ソラメンテZ」「ソラメンテiS」を用いた測定点検



シェルタージャパンが選ばれる理由

 太陽光発電の導入に際しては、信頼と実績のある企業を選ぶことが最重要。どんなに投資利回りが高くても、発電設備を長期にわたり安定・維持できないことには、投資回収に悪影響を及ぼすからです。


当社シェルタージャパンは、豊富な専門知識と経験を有するスタッフが、発電システムの設計から設置・メンテナンスまでワンストップでフルサポート。

初期設置コストの正確な見積もり、迅速なトラブルシューティング、長期的なメンテナンス計画の立案など、太陽光発電投資の全過程を可視化し、親身に寄り添った対応をします。

なぜシェルタージャパンが長期にわたり、企業様・投資家様・地主様からご支持いただいているのか。ここで具体的に紹介します。


倒産リスクが極めて低い財務体質

当社は年間2.4億円の太陽光売電収入により、倒産リスクが極めて低い財務体質です。

東証プライム上場企業4社とも取引実績があり、30年以上にわたるアフターメンテナンスを請け負うことが可能な体制です。


11,000件以上の実績

静岡県浜松市、福島県いわき市に拠点を構え、1996年の創業以来、新築・リフォーム・太陽光発電所建設実績が11,683件にのぼります(2024年完成予定現場含む)。「三方よし」の考え方をもとに、地元に密着した対応を心がけています。


カスタマイズ可能なメンテナンスプラン

当社のアフターメンテナンス(オプション)は一律ではなく、各企業様・投資家様のニーズに合わせたプランをご用意しています。お客様の投資回収をにらみつつ、ご予算やご希望に沿ったご提案が可能です。

長期的に安定した収益を維持するためにも、メンテナンスは必須であることをご理解ください。


特許76件取得・世界22か国で特許申請

皆さまの安全・安心の暮らしのため、当社が手がけるのは太陽光発電システムだけではありません。

当社は豊富な住宅建築・リフォーム実績をもとに、地震・津波などの自然災害、不安定な東アジア情勢に備えた「命を守る避難シェルター」の設計・開発・販売にも力を入れています。


耐火実験に成功したシェルターは世界初の快挙であり、このシェルターの開発に伴う特許を76件取得しています(2024年6月現在)。さらに、日本弁理士会より「第7回知的財産活用奨励賞」を授与されました。



まとめ

いかがでしょうか。最後にメンテナンスについて、非常に大事なことですので、改めて触れさせていただきます。


太陽光発電メンテナンスの重要性の再確認

繰り返しますが、太陽光発電設備には運用とメンテナンスをセットで考えて、初めて安定的な収益に結実するといっても過言ではありません。メンテナンスの成否は、システムの発電効率・安全性・安定的な投資回収に直結します。

定期的なメンテナンスで、

  • システムを最適化し、故障や部品劣化のリスクを最小限に抑えられる

  • 事故やトラブルを未然に防ぎ、設備を保守する


メンテナンスを怠ることなく継続することは、太陽光発電設備の健全な運用と、投資回収価値を長期にわたって維持するために必要不可欠です。それによって太陽光発電所のポテンシャルが引き出され、ひいては持続可能な環境と脱炭素社会実現につながります。


シェルタージャパンへの問い合わせ

シェルタージャパンが信頼をいただき、選ばれている理由が多少なりともご理解いただけましたら幸いです。ご興味をいただけたようでしたら、下記お問い合わせ先からなんなりとご連絡ください。


太陽光発電での運用成功と、SDGs社会実現へ一歩踏み出しませんか?





閲覧数:24回0件のコメント

Comments


bottom of page